初心者でも簡単に作れる!オススメのロゴ作成ツール

ロゴは会社やお店、イベントなどの象徴となるため、重要な要素と言えます。ロゴの重要性は知っていても難易度が高いイメージがあり、なかなか作る気分になれないという人もいるかもしれません。そんな方にオススメなのがロゴの作成が簡単にできるツールです。

そこで今回はオススメのロゴ作成ツールを紹介していきます。このツールがあれば理想のロゴを作れるかもしれませんよ。

文字を入力するだけで作れるところが魅力

ロゴを作りたいけれど手間のかかる作業は避けたいという方にオススメなのが、「CoolText」というロゴジェネレーターです。このツールでは、お気に入りのロゴスタイルを選択して文字を入力するだけでロゴが作れます。

120以上のロゴスタイルが用意されています。シンプルなものだけでなく、GIFを使った動くロゴスタイルもあるため、好みのデザインを見つけやすいのが特徴です。参考情報⇒ロゴマークデザイン

ロゴスタイルが決まっていることでオリジナリティーの高いロゴは作りにくくなっていますが、手軽に作ることができるのが魅力的なポイントと言えます。

「CoolText」はデザインを考えることやパソコンでの作業が苦手な人でも簡単に作成できるようになっています。そのためパソコンに馴染みの少ない高齢者でもロゴを作りやすいと言えます。ロゴの作成が初めてだという人も、このロゴジェネレーターであれば失敗する心配が少ないのでオススメです。

ロゴのイメージが浮かびにくいときに、このロゴジェネレーターを使ってみるのも良いかもしれません。既存のロゴスタイルを見本にして、オリジナリティーの高いロゴスタイルを自分でデザインしてみるのも良い方法でしょう。

記号を使用できるロゴジェネレーター

「flamingtext」というロゴジェネレーターも豊富にロゴスタイルが用意されているのが特徴です。このロゴジェネレーターは「CoolText」よりも収録されているロゴスタイルが多く、その数は380個を超えています。

平仮名や漢字は「CoolText」同じく使用できるようになっていて、それ以外にも記号を使用できるのが魅力的なポイントです。このロゴジェネレーターでは改行を行うことで、二行目の文字入力も可能になっているのも良い要素でしょう。

「CoolText」よりも自由度が高くなっているのが、「flamingtext」です。文字を二行に分けられるため、会社名や店名が長い場合でもスッキリとした見た目のロゴを作りやすいでしょう。記号を使用できるので、可愛らしい見た目のロゴも作成しやすいと言えます。

営業向けのロゴ作成だけでなく、友達同士で楽しくロゴを作ることにも適しているロゴジェネレーターです。

プレビュー機能でロゴの見た目を確認できるため、初心者でも失敗せずに作ることが可能になっています。何度もやり直しができるので、気軽にロゴ作成ができます。ロゴのイメージが出来上がっていなくても、このロゴジェネレーターを使ってみれば良いものに出会えるかもしれません。

カスタマイズが可能なロゴジェネレーター

「LogoCreator」はカスタマイズができるのが特徴のロゴジェネレーターです。「CoolText」や「flamingotext」のように大量のロゴスタイルが用意されているわけではありません。ロゴスタイルの数で言えば、6個程度です。

しかし、この6個のロゴスタイルでは反射や背景、フォントの変更といった作業ができるようになっています。反射や背景、フォントといった機能を駆使することでオリジナリティーの高いロゴを作成できるようになります。

例えばフォントを明朝体にしていれば和風のロゴを作りやすくなりますし、ポップ体のフォントを使用すれば可愛らしいロゴに仕上がります。フォントに合った背景を付ければ、より理想的なロゴに仕上がるでしょう。自由度の高いロゴジェネレーターなので、既にロゴのイメージが出来上がっている人が使用するのに適しています。

関連:チームワークの向上が期待できる!魅力的なバスケチームのロゴを作成する方法

スタイリッシュなロゴマークを見つけやすい

文字だけでなく、ロゴマークにもこだわりたいという人にオススメなのが、「squarespace」というロゴジェネレーターです。シンプルでスタイリッシュなロゴマークが見つけられるのが特徴のロゴジェネレーターと言えます。

例えば「star」という文字を入力して検索を行うと、星をモチーフにしたロゴマークが出てきます。カッコイイ雰囲気の星形や可愛らしい形の星、星をいくつも重ね合わせたマークといったように、多くのロゴマークが用意されているので、自分の理想に合ったものが見つけやすいと言えます。

ロゴマークやテキストの位置を自由に変えられるため、オリジナリティーの高いロゴが作れます。色の変更も可能なため、会社やお店のイメージカラーを使ったロゴが作成できます。「squarespace」では名刺やパソコン、Tシャツといったものにロゴを使用したときのイメージを表示してくれます。

そのため自分で作ったロゴを使った商品のイメージも持ちやすいでしょう。この特徴を考えれば会社やお店が商用にロゴを作りたいときに適しているロゴジェネレーターと言えます。

関連:無料で使えるおすすめのロゴ作成ソフトの紹介

自分の画像を使ったロゴが作れる

「OnlineLogoMaker」はアカウント登録を行った上で、ロゴ作成ができるロゴジェネレーターです。

アカウントを作成することで、自分が作ったロゴを保存しておくことが可能になっています。ロゴマークやテキストは一カ所にしか表示できないタイプのロゴジェネレーターが多いですが、このロゴジェネレーターでは複数のロゴマークやテキストが追加できるという魅力があります。

自分が持っている画像をアップロードすることで、ロゴ作成に利用することができるのも良いポイントと言えます。ロゴマークやテキストを複数使用できることで、デザインできるロゴのパターンが増えています。ロゴマークやテキストを増やせば、その分オリジナリティーの高いものが出来上がる可能性が高いでしょう。

自分の持っている画像を使用することができるので、会社やお店の雰囲気とロゴマークを組み合わせたものを作ることが可能です。画像のアップロードを利用すれば、自分のイラストを取り入れたロゴも作成することができるでしょう。

このロゴジェネレーターではテキストに漢字や平仮名を使用することができなくなっています。これがデメリットではありますが、漢字や平仮名を入力した画像をアップロードすれば問題を解決することができます。